顕微授精とは

顕微授精は体外受精の一種

顕微授精とは、一種の体外受精であり、顕微鏡を使い、卵子に精子を直接注入する方法です。受精過程を手作業で行うということ以外は、体外受精と同様です。

 

卵子まで辿り着く過程をなくす為、精子の動きが少々悪い場合や、乏精子症(精子の数が少ない)、ED(勃起不全)、凍結された精子、副睾丸・睾丸の精子であっても受精・妊娠・出産が可能となるのです。

 

ただ、繊細な処置となりますので、通常の体外受精の成功率が高いことはもちろん、顕微授精において高度な技術を持った病院を見つける必要があります。

 

妊娠には、ストレスが大きく影響してきます。どのような不妊治療を行う場合も、病院や医師の技術だけではなく相性や、信頼度なども重要な要素となってくるのです。パートナーときっちりと話し合い、2人に合った病院を見つけることが治療の第一過程なのではないでしょうか。

 

人工的な処置を行い、薬剤などの使用もありますし、リスクは当然覚悟しなければなりません。顕微授精のための治療を開始する前に、不明な点や不安な点は、クリアにしておくことは忘れてはなりません。


FXのレバレッジ

体外受精.com 費用・リスク・成功率