人工授精と体外受精について

人工授精と体外受精の違いは?

人工授精とは、男性の精子を直接女性の子宮に注入し、女性の体内で受精を試みる治療法を指します。体外受精は、女性の卵巣から卵子を体外に取りだした後に男性の精子と受精させ、数日間の経過観察の後に成長した受精卵を女性の体内に戻し、着床を試みるという治療法を指します。

 

つまり、人工授精と体外受精は、精子と卵子を母体の外で受精させるか、母体の中で受精させるかという違いがあるのです。

 

人工授精は精子を子宮内より注入して精子の死滅率を減らし受精の確率を高める方法です。従って、精子に問題があって不妊状態になっている場合に、この治療法が取られる場合が多いようです。

 

体外受精は直接子宮に受精卵を注入しますから、母体の卵管に問題があって不妊であった場合でも妊娠可能ということになります。人工授精より体外受精の方が、より妊娠困難な状況に対応しやすいという点にも違いがあります。

 

人工授精と体外受精の治療法の違いを良く理解し、自分に合った治療法を医師とよく相談して行っていきましょう。


FXのレバレッジ

体外受精.com 費用・リスク・成功率