人工授精と体外受精の流れ

体外受精のスケジュールと流れについて

体外受精のスケジュールはどうなっているのでしょうか?ここでは体外受精が行われていくスケジュールについて見ていきましょう。

 

実際に体外受精を受けようとすると、まずは体外受精の説明を受けます。これが体外受精のスケジュールのスタートとなります。しかし、説明を受けて実際に体外受精をいつ受けるかを決め、その日に向けて
治療スケジュールを組むことになります。

 

体外受精を実際に受ける前準備(母体の管理開始)から始まって、妊娠確認に至るまでには結構な日数を要します。治療スケジュールは生理周期で2周期前より開始されますから、実際に体外受精を受けるのは2カ月ぐらい先になると考えておきましょう。

 

体外受精の綿密な治療スケジュールを確実にこなすためには、母体にかかる負担も大きく、仕事を休んででも治療を優先しなければならない事態も考えられます。実際に体外受精のスケジュールを考えるときには、夫婦間のみならず、できるだけ周囲の理解や協力が得ておくことが得策です。


FXのレバレッジ

体外受精.com 費用・リスク・成功率