人工授精と体外受精のリスク

体外受精のリスクは?

体外受精など、どんな不妊治療法にもリスクは伴うものです。
ここでは、特に体外受精のリスクに焦点を当ててみましょう。

 

体外受精の代表的なリスクとしては、第一に多胎妊娠の可能性が高い(例:双子など)ことがあります。どうして多胎妊娠の可能性が高くなるかと言うと、体外受精の場合は成功率を上げるために、一度の治療で複数の受精卵を母体に移植するからです。

 

体外受精では一回の治療で移植した受精卵の内、複数が着床しそのまま妊娠、となる場合が多く見られます。治療時に子供を一人のみ望む夫婦は、この点をまず知っておく必要があるでしょう。

 

また治療に排卵誘発剤を使用する場合は母体への負担が大きくなる可能性があることなどがあります。治療に使用する卵子を母体から採り出す際の多量出血や麻酔の悪影響が出る可能性も否めません。その点で、体外受精は母体に大きな負担かかりやすいリスクを伴う治療法とも言えるかもしれません。

 

一般的に体外受精のリスクは、人工授精のリスクより高くなります。特に体外受精の場合は、リスクを医師からきちんと説明を聞いて、治療内容を深く理解した上で治療を受けましょう。


FXのレバレッジ

体外受精.com 費用・リスク・成功率