妊娠するための薬

排卵誘発剤について

排卵誘発剤とは、排卵を薬の作用によって促す薬のことです。主に排卵障害のあるときに使われます。不妊症の原因は人によって違いますが、何らかの原因によって排卵がなされないときは、排卵誘発剤を使うことがあります。

 

排卵障害というのは、無排卵月経や無月経、希発月経の場合などです。排卵誘発剤は具体的には、セキソビットやクロミッドという薬があります。また、内服薬の他にもhCG注射などもあります。不妊症の方は排卵誘発剤の効果や副作用も含めて、事前にある程度の知識を持っておいたほうがいいでしょう。

 

費用面ではクロミッドであれば保険適用で数百円を安いといえる水準です。注射でも千数百円程度と言われています。薬の単価についてはインターネットで検索すると、だいたいの情報が得られるでしょう。参考にしてみてください。

 

はたして、排卵誘発薬は効果があるのか、妊娠できるのかという疑問があると思います。クロミッドの例だと、妊娠率が約30パーセント程度だといわれています。この数字は高いのか低いのかは、人それぞれ感じ方が違うと思います。

 

排卵誘発剤の使用については医師と相談のうえ決定されます。話がスムーズに進むように事前知識があったほうがいいでしょう。


FXのレバレッジ

体外受精.com 費用・リスク・成功率