人工授精と体外受精の違い

「体外受精.com」について

体外受精にかかる費用や体の負担などのリスク、スケジュールについての情報サイトです。
また、病院では教えてくれない自然妊娠の方法も紹介しています。
リスクがある体外受精を検討する前に一度、ご覧になることをお勧めします。

 

自然妊娠する方法の一覧はこちら

体外受精は最後の切り札なのか?

体外受精

不妊に夫婦悩むが、自分の子供を抱けるという期待を込めて人工授精に数回挑戦しても子供を授からなかった。人工授精ではダメだった場合でも、まだ体外受精が残されています。

 

体外受精は、人工授精とは違い、母体から良質の卵子を取り出して、男性の精子を人工的に母体外で受精させた後に母体に戻すという治療法です。受精がすでに終わっている段階で母体内に戻しますから、受精卵が着床して成長できるかどうかという点が重要です。ゆえに、体外受精は妊娠できる確率も人工授精より高めになっています。

 

ただし、体外受精はリスクも費用も人工授精より負担が大きいという点を理解しましょう。マイナス要素も理解した上で、それでも子供を授かりたいと願うなら、体外受精を現実的に考えると良いでしょう。

 

近年、東洋医学の分野で自然妊娠法が飛躍的に進歩してきています。人工授精や体外受精を検討している方や不妊で悩む方で、そういった自然妊娠法を試してみようという方が年々、増えてきています。
当サイトでは、妊娠成功実績のある自然妊娠法も紹介しています。


しあわせ妊娠マニュアルとは?

昨今では、自然妊娠法のマニュアルがインターネット上でいくつか販売されています。そういった妊娠マニュアルでは、東洋医学からアプローチする手法が主流のようです。薬や人工授精や体外受精によるものが西洋医学なら、漢方や針灸などが東洋医学です。不妊の原因を探り、原因を取り除くことで自然妊娠へと導きます。100パーセントの人が妊娠するという保証はないですが、かかる費用は限定的なので、試してみる価値はあるでしょう。なかでも、溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」が注目されています。溝口博士は子宝の知恵などで、妊娠に関するアフターサポートやその他の活動も積極的に行っている人物です。溝口博士は子育てに関するセミナーや講演活動も行っています。自然妊娠だけでなく、子供が生まれてからのサポートも期待できます。子育ての知恵のコミュニティもあるようですね。自然妊娠法のどれがいいか迷っている人は、溝口博士の「しあわせ妊娠マニュアル」を検討してみるといいでしょう。

 

溝口博士 しあわせ妊娠マニュアル

健康関連サイト紹介
薬を使わない鬱病やパニック障害の克服法、認知療法についての情報サイト
不妊症で悩む人のための人工授精のリスクや費用についての情報サイト


FXのレバレッジ